和裁と和服の知識KNOWLEDGE OF JAPANESE CLOTHES

着物のTPO

(Kimono common sense)
ミス ミセス 長襦袢 男性
礼装 結婚式 振袖 留袖 丸帯、袋帯 柄(振袖)
白(留袖)
黒紋付着物、羽織、袴(仙台平)、長襦袢、角帯
成人式 振袖 丸帯、袋帯 黒紋付着物、羽織、袴(仙台平)、長襦袢、角帯
金、銀婚式 留袖、色留袖 丸帯、袋帯 黒、色紋付着物、羽織、袴、長襦袢、角帯
記念式典 振袖、訪問着 色留袖、訪問着 丸帯、袋帯 柄、白
(色留袖)
黒、色紋付着物、羽織、袴、長襦袢、角帯
準礼装 結婚式、成人式、金、銀婚式、での一般客 振袖、訪問着 訪問着、附下、色無地、江戸小紋 袋帯 黒、色紋付着物、羽織、袴、長襦袢、角帯
改まったパーティー 振袖、訪問着 色留袖 袋帯 柄、白
(色留袖)
黒、色紋付着物、羽織、袴、長襦袢、角帯
お宮詣り、七五三、お見合い、結納 訪問着、色無地、江戸小紋 訪問着、色無地、江戸小紋 袋帯、織名古屋帯 黒、色紋付着物、羽織、袴、長襦袢、角帯
入学式、
卒業式
振袖、訪問着、色無地、小紋 訪問着、色無地、小紋 袋帯、織名古屋帯、半幅帯(袴 黒、色紋付着物、羽織、袴、長襦袢、角帯
街着 旅行、食事会、観劇、
ショッピング、
コンサートなど
附下、小紋、紬 附下、小紋、紬 袋帯、名古屋帯 色無地、小紋着物、羽織、袴(着流し、可)長襦袢、角帯、兵児帯
弔事 喪主 、親族等の近親者 喪服 喪服 黒喪帯 黒紋付着物、羽織、袴(仙台平)、長襦袢、角帯
故人と遠い関係 、告別式でのお線香のみ 色喪服 色喪 黒喪帯、色喪帯 黒紋付着物、羽織、袴(仙台平)、長襦袢、角帯

季節の着物

一月 二月 三月 四月 五月 五月
着物 単衣
羽織 単衣
コート
七月 八月 九月 十月 十一月 十二月
着物 盛夏物 単衣
羽織 盛夏物 単衣
コート 単衣、ちり除け、など
盛夏物 単衣、ちり除け、など
1、   = 裏地が付いている和服。
2、単衣  = 裏地が付いていない和服。
3、盛夏物 = 生地が紗や絽などの薄物の和服の事を言います。
4、雨ゴートは四季関係なく雨天の日着用します。 
5、男物の羽織は正装で、女物は普段着になります。

着物の種類

1.振袖

振袖
振袖とは振りが開いていて袖の長い小袖をいい、室町時代には脇明けともいわれ、江戸文化の進展とともに袖丈も長くなり、子供から娘時代までの外出着となり、現代では未婚女性の第一礼装になりました。
黒地に五つ紋付を黒振袖、その他のものを色振袖と呼び、きもの全体に古典的な模様に近代感覚の色彩や図柄を盛り込み、刺繍や絞、摺染などで染織の美を表現したものが多く見られます。
袖丈の長さにより、3尺(114cm)前後の大振袖、2尺4寸~2尺7寸(90~102cm)の中振袖、2尺2寸5分(85cm)位の小振袖に分けられ、用途、体型などに応じて着用されます。
※参考ビデオ、和裁・白引き振袖 制作 How to make a kimono. Wedding gown.

≫こちらでお買い求めになれます。

2.女袴

女袴
女袴は紅色の襠付長袴形式の紅袴(緋袴)を女房装束に着用していましたが、さほどの発達を見ないまま一部の宮廷人や神職にある女性のみが着用していました。
現在の女袴は明治20年に皇室を中心とした華族の婦女服制に採用された事によりデザインが決まり、皇后陛下の思召書によって華族女学校の制服に採用され、以後民間の女学校においても制服として採用される様になり、昭和初年にいたるまで女学生間に大流行しました。
これらは海老茶、紫、紫紺、緑、紺および黒などのサージやカシミヤなどを用布として行燈形式の袴に仕立て、ひだの数や通常切り上げをつけない事や、前後を同じ丈にするなど随所に男物行燈袴との違いがみられます。
現代では卒業式の礼服や成人式用の礼服等、小袖振袖や中振袖と合せて着用します。(※参考、近代女子袴の歴史)

≫こちらでお買い求めになれます。

3.黒留袖

黒留袖
留袖(詰袖)とは本来、振袖に対して袖丈の短い着物の事をいい、現代では既婚女性の第一礼装用の黒地に日向五つ紋付、裾模様(江戸褄模様)の二枚重ねの祝儀用の着物の事をいいます。
江戸褄模様とは「大奥」の女性が身につけたお引き摺りに施された模様の事で、現在では裾模様のことを江戸褄と呼んでいます。(※参考、江戸褄模様)
下着の種類には二枚重ね、本比翼および付比翼、だまし比翼、衿比翼があり、夏物は本重ね(夏重ね)、下着を付比翼にした半重ねがあります。
※、写真は石塚繊維カチン手刺繍の黒留袖です。

≫留袖はこちらでもお買い求めになれます。

4.色留袖

色留袖
色留袖は既婚女性の慶事用の第一礼装です。
黒留袖とは、地色が黒かそうでないかで区別します。
紋の数と下着の色によって、礼装・準礼装を使い分けます。
紋の数は、一つ、三つ、五つ、と数が多くなるほど格上になり、一つ紋の場合は卒入園式やお見合いに付き添う母親の、またはお茶会等の時の準礼装になります。
三つ紋以上の場合は紋をつけない訪問着より格上となり、礼装になります。

≫こちらでお買い求めになれます。

5.訪問着

訪問着
訪問着はミス、ミセスを問わず、準礼装や晴れ着として用いられる絵羽模様のきものです。
絵羽模様とは縫い目を通して模様が連続して描かれたものをいい、振袖模様、江戸褄模様、肩裾模様、附下模様、絵羽羽織、絵羽コート、絵羽長襦袢などがあり、これらを総称して模様物といいます。
模様物は白生地のまま裁断して仮絵羽縫いをして下絵を描いて解き、染め上げてから絵羽縫いをしてあるものが多いですが、型友禅や附下など絵羽縫いをしていないものもあります。
訪問着の紋は一つ紋の染抜きで、中陰紋か陰紋にします。
しかし、模様や地色の都合で、抜き紋に出来ない時には縫い紋にしますが、やや略式になります。

≫こちらでお買い求めになれます。

6.附下

附下
附下げは、模様物の一つで附下模様に染められている着物の事をいいます。
附下模様とは本来模様付の方法で、反物のまま身頃、袖、および衿衽を区分けして模様を置き、肩山、袖山を中心にして模様が上向きになる様に模様付された加工着尺の一種です。
訪問着調に上前衽を主に模様付されたものを附下訪問着といい、肩山、袖山を中心に小紋柄を上向きに振り分けて配置したものを附下小紋といいます。
訪問着よりも、略式で気軽に着ることが出来る 訪問着と小紋の中間的な存在の着物です。

≫こちらでお買い求めになれます。

7.色無地

色無地
色無地とは、黒以外の無地染めで絵柄のない物の事をいい、紋の数によって礼装・準礼装になります。(五つ紋は、非常に改まった式服になり、三つ紋は、紋が無い訪問着より格が上に、一つ紋の色無地は、一つ紋の訪問着より略式になります。)
茶道では万事派手を退け、道具の柄との喧嘩を避ける意味から、茶事では色無地の着用が推奨されています。
素材は縮緬や綸子が多く、礼装用にはこれらの素材が用いられます。

≫こちらでお買い求めになれます。

8.小紋

小紋
小紋とは、繰り返し模様の型染めの反物で、全体に細かい模様が入っている事が名称の由来で、訪問着や附下、等が肩の方が上になるように模様付けされているのに対し、小紋は上下の方向に関係なく模様が入っています。
染めの技法によって「江戸小紋」「京小紋」「加賀小紋」「紅型小紋」「絞り小紋」「更紗小紋」など多種多様な小紋があります。
京小紋とは、京友禅の派手な柄いき、と型染めを融合させたもので、単色染めで、絹しか使わない江戸小紋に対して多色染めであり、様々な生地を用います。
一つ一つの柄も江戸小紋より大きく、抽象柄より具象柄が多く、見た目が華やかな小紋です。(※参考、野村松型紙店)
加賀小紋とは「京小紋」の影響を受けて石川県で作られ始めた小紋染で、色使いに加賀友禅の技法が取り入れられています。 
また「江戸小紋」の影響を受けて作られた「加賀小紋」もございます。(※参考、加賀小紋1加賀小紋2
一般的に小紋は礼装、正装としての着用は出来ませんが、江戸小紋や加賀小紋は、一つ紋を付ければ格が上り、色無地に準じる着物になります。

≫こちらでお買い求めになれます。

9.黒喪服

黒喪服
黒無地に日向五つ紋を付けた、喪の装いの第一礼装です。
喪服の生地は関東は羽二重、関西は縮緬でしたが、現在では縮緬の生地が主流となっています。
代表的な染色方法として紅を染めてから黒を染める紅下染め、藍を染めてから黒を染める藍下染めがあります。
こちらもかつては、紅下は関西風、藍下が関東風と言われていましたが、現在では、草木染め、泥染めなど多くの染色法があり、この限りではなくなってきています。

≫こちらでお買い求めになれます。

10.色喪服

故人との関係や場面により、喪の略礼装となる色喪服を用います。
色喪服には、茶、灰、藍、紫、エンジなどの地味な色紋付を用い、生地は光沢のない縮緬が無難ですが、地紋(布地に織り出した模様)のあるものでは、吉祥文様などの祝いの文様を避け、雲形、流水、波、木目など控えめな文様を用います。
江戸小紋を色喪服として使うのであれば、色紋付と同様に茶、灰、藍、紫、臙脂(えんじ)など地味な色の鮫、行儀、角通し等の柄を用います。
江戸小紋
江戸小紋とは江戸時代に諸大名が着用した裃の模様が元で、その後各大名家間で模様付けの豪華さを競う様になり、江戸幕府から規制を加えられた為に、遠目からは無地に見えるように模様を細かくした結果、非常に高度な染色技術が必要な染め物になりました。
代表的な模様として「極鮫(ごくさめ)」(紀州藩徳川氏)、「行儀」「角通し」(以上をまとめて「三役」という)「松葉」「御召し十」(徳川氏)、「万筋」「菊菱」(加賀藩前田氏)、「大小あられ」(薩摩藩島津氏)、「胡麻柄」(佐賀藩鍋島氏)などがあり、これら大名の裃の柄が発祥の江戸小紋を「定め小紋」といいます。
いっぽう、庶民もこの柄を真似するようになり、庶民の遊び心が発祥の江戸小紋を「いわれ小紋」と言いいます。(※参考、松網染工所) 
江戸小紋は型紙を使って染めるのが特徴で、この型紙は伊勢で作られました(伊勢型紙)。 
上記の様に大名が着用していたという経緯から江戸小紋の中でも「定め小紋」は格式が高く、裃の柄の大きさも六段階あり主君に一番近い席に座る上位の家臣が一番細かい柄を着用し、下位になるほど柄は大きくなり、七段階以降の家臣は無地の裃を着用していました。
これらの事から「定め小紋」は無紋でも礼装になり、一つ紋付の色無地よりも格上になります。
「江戸小紋」の名称は1955年(昭和30年)に東京都の小宮康助氏が重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された際に「京小紋」と区別するために名づけられました。

≫江戸小紋はこちらでお買い求めになれます。

11.紬

紬
紬とは、本繭よりも劣るとされる太くて節の多い玉繭から紡いだ手撚りの玉糸(節糸とも言う)やくず繭と呼ばれる変型した繭から紡いだ紬糸を機織りの緯線・経線の片方若しくは両方に用いて織った布をいい、手撚りした糸(紬糸)の太さに均一を求めない為、本繭から作る絹糸を用いた布の表面が絹独特の光沢を帯びるのに対し、紬は鈍い光沢を放ち表面に小さなこぶが生じ、独特の風合いを出します。
紬は丈夫なことから古くから日常の衣料や野良着として用いられ、この事から材質が絹であっても正装に用いてはならないとされました。
通常は糸を染めてから反物を織る、織り柄の普段着用の生地で、外出着若しくはお洒落着として用いられる事が多いですが、最近は後から柄を染める“後染め”の紬の訪問着も有り、略正装程度であれば着用する場合もあります。
また大島紬だけは真綿から紡いだ糸ではなく生糸を使って織られます。
絣糸は、かつては括り絣(くくりがすり)といって手で糸を括っていましたが、現在では図案を使って締め端機(しめばた)で糸を括っていきます。
この締機で織った布(絣筵、かすりむしろ)を染色し、それを解いて絣の柄が合う様に織っていきます。
大島紬には泥大島、泥藍大島、草木染大島、白大島、化学染料を使用した、色大島があります。
他に代表的な紬として、結城紬、牛首紬、塩沢紬、信州紬、久米島紬、などが知られています。

≫こちらでお買い求めになれます。

12.御召

御召
御召とは平織りの御召縮緬の略称で、柳条縮緬という江戸時代の先染めの縞縮緬が原点です。
この柳条縮緬を徳川十一代将軍家斉に献上したところ、将軍が好んで着用し、専用の留め柄(お納戸色に白の細格子縞)をつくってお召しになったところから、この名が生まれたといわれています。
通常縮緬は縦糸に撚りをかけずに、横糸に右撚りと左撚りを交互に用いることで独特のしぼを出しますが、御召は縦糸につよい撚りをかけた八丁撚りという糸を用い、横糸にも一般の縮緬よりも撚りのつよい御召緯という糸を使います。
ゆえに、縮緬独自のしぼがより大きく、はっきりあらわれます
また一般の縮緬のように織りあげ後ではなく、糸の状態で精練するために絹のセリシンが除かれ、織りあがりが硬く、コシのある地風となります。
代表的な御召として西陣御召、十日町御召、銘仙などが知られています。

≫こちらでお買い求めになれます。

13.浴衣

浴衣
浴衣とは平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型で、倭名抄には平安中期には”内衣布で沐浴するための衣とされた”と記されています。
この時代は複数の人と入浴する機会があったため汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと考えられています。
素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説があります。
安土桃山時代頃から湯上りに着て、肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となり現在に至っています。
帷子(かたびら)とは袷(あわせ)でなく裂(きれ)の片方の意味で、のちには単衣のきものを称するようになりました。
浴衣は湯帷子(ゆかたびら)の略称です。
現代の浴衣は普段着やお洒落着、夏のくつろいで着る家庭着としてや、夏祭り、納涼大会などで着用します。
綿、絽、長板染めなどの上質な浴衣は、襦袢等を着て足袋をつければ外出着として着用出来ます。

≫こちらでお買い求めになれます。

14.男物の着物

男物の着物の第一礼装は、黒地の日向紋の五つ紋付の長着(きもの)と羽織、
仙台平の馬乗り袴(ズボン式の袴)に長襦袢を着用します。
※参考ビデオ、和裁・白引き振袖 制作 How to make a kimono. Wedding gown.

準礼装は無地の長着(きもの)に縫い紋の一つ紋もしくは三つ紋の羽織に
紬地の馬乗り袴(ズボン式)もしくは行燈袴(スカート式)に長襦袢を着用します。

長着(きもの)や羽織の生地は御召や紬の縞柄もしくは無地、
大島紬などの絣柄になります。
この場合、御召や縞柄、無地の紬は大島紬などの絣柄より格が上になります。

街着に関しては上記の様な制約はほとんど無く、
長着(きもの)と羽織に長襦袢だけの着流しというスタイルも有ります。

長着(きもの)と長襦袢だけのスタイルも有ります。

街着用の生地も制約がほとんど無く、大島や結城などの紬から江戸小紋などの
小紋柄、唐桟などの木綿地やウールなどが有ります。

帯に関しては礼装と準礼装は角帯、街着は角帯と兵児帯になります。
浴衣は夏用の着物か冬の防寒用の部屋着としてウールの長着(きもの)の
下に重ね着したりもします。

こちらでお買い求めになれます。
≫男物反物
≫角帯
≫兵児帯
≫男物袴
≫男物長襦袢
≫男物浴衣
≫男物裏地
男物の着物
男物の着物
男物の着物

15.反物の規格

最近は男物だけでは無く女物も背が高く腕の長い方は反物を選ぶ時には、反物の長さや巾に注意する必要が有ります。
女物では身長が165cm以上ならば反物の長さは13m以上、巾は40cm以上必要です。
男物では身長が170cm以上ならば反物の長さは12m以上、巾は41cm以上必要です。

17.着物、和服、呉服

和服は、文字通り「和」の「服」、すなわち日本の衣服という意味で、この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日本の衣服」を表す語として生まれました。
服飾史学者の小池三枝氏によれば、着物は元来「着る物」という意味であり、単に「衣服」を意味する語でありましたが、幕末に洋服が移入して以降、「西洋服」・「洋服」と区別して、「従来の日本の衣服」を「日本服」・「和服」と呼ぶようになり、さらに「着物」の語にも置き換えられるようになりました。
時代が進み、日常生活で頻繁に洋服が用いられるようになると、「着物」から「着る物」という本来の意味は薄れていき、「和服」の意味が濃くなってゆき、現代での「着物」という語は専ら「和服」を意味し、狭義には一定の形式の和服(着物と羽織という場合の着物、すなわち長着)を指す言葉に移りつつある様に思えます。
(※参考、フロックコートと羽織袴: 礼装規範の形成と近代日本、小山 直子”著”)

呉服は、中国が三国時代のときに呉の織物や着物の縫製方法が日本に伝わったことに語源を持つとされています。
秦の始皇帝から前漢、後漢、魏、呉、蜀の三国志の時代までの、国民が元漢民族だった頃の前期は国が非常に豊かで、王侯、貴族達は美食ゆえに肥満体型の人が多く、そのボディーラインをカバーする為に考え出されたデザインが現在の和服の原型になりました。
その後、三国志の時代になると相次ぐ戦乱の為、人口が十分の一になるなど、美食どころではなくなり肥満体型の王侯、貴族も激減したので、中国ではそのデザインの服は(呉服)は途絶えました。
しかし日本では中国の様に人口が十分の一になる様な大きな戦乱が無かったので、そのデザインの服がほぼ原形のまま残ったと考えられます。(※参考、中国は1600年間"占領国" 中国の歴史)
着物を着用するときに痩せている人ほど多くの補正をしなければ、美しい着姿にならないというのは、そのデザインの性質上故かもしれません。

着物の文様と、着物の織と染がわかる事典

着物の文様と、着物の織と染がわかる事典 着物の柄には格式や着用する季節など幾つかの約束事があり、
訪問着や小紋などを選ぶ時に、頭を悩ますもとになったりもします。
そんな時にこの本はとても重宝します。

≫本書はこちらで購入頂けます。
着物の文様と、着物の織と染がわかる事典 着物の呼称。「大島紬」「結城紬」など、布の産地で呼ばれる場合もあり、
また、「小紋」「友禅」など染色の技法で呼ばれる場合もあります。本書は、こうした「染め」「織り」の技法と特徴を、産地別に紹介。入門者にもわかりやすく整理しました。

≫本書はこちらで購入頂けます。